FC2ブログ

卓球を始めて

前回、卓球を始めたきっかけを書かせていただきました。

読んでいただいた方、感謝いたします。ありがとうございました。

さて、今回は私の自伝卓球を始めて間もない頃のことを書かせていただきます。

今現在、愛知県の岡崎市でMikawa Black Pine’sという卓球教室をやっている私は、

もう間もなく卓球歴25年になります。

幼少期のことを思い返すと、思いのほかおもしろいものですね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

小学校1年生の9月に始めた卓球、週4回も練習に通っていました。

当時、小学1年生で週4回も練習している子供はいたのでしょうか。

私は、楽しいという思い一心で練習に通っていました。

当時、小学1年生~4年生までは公式戦で、高さが10センチ低く、

ネットも2センチ高い卓球台を使用することになっていました。

私の通っていた卓球教室には、台の高さを調整することが可能な卓球台が置いてありました。

私の他に、4年生の生徒がいたため、いつもその人と練習をしていました。


卓球を始めて2カ月弱が過ぎようとしていた日に、全日本バンビ(小学1~2年生の部)の

京都府予選が開催されました。

私は何のことやらさっぱりわからないまま、初めての試合に出場することになっていました。

今から考えると、一体どういう理由かわかりませんが、予選に参加した選手は6名で

予選通過人数は5名という、なんともぬるい予選でした。

しかし、出場選手ははっきり言ってめちゃめちゃ強かったです。

その中でも、1学年上の2年生の一人(高校で先輩となる人)はダントツの強さでした。

試合中に声を出していて「この人は試合中に何を言っているのだろう??」と思っていました。

出場選手6名で総当たりのリーグ戦をして、1名だけ予選通過できない状況で

6名中2名が初心者(私を含む)という異例中の異例の予選会となりました。

もう一人の初心者に勝つことができれば予選通過となる状況でしたが、

私は何のことやらさっぱりわかっていませんでした。

ベンチコーチには母親が入っていました。

「バックサーブを相手のフォアーとバックに分けて出しなさい」と一つだけアドバイスをもらった気がします。

試合の内容は覚えておりませんが、どうやら勝ったようです。

無事に京都府予選5位通過いたしました。

本戦は11月に三重県で行われるとのことでした。

自分では何のことやらさっぱりでしたが、周りの人がやたらと騒いでいたことを覚えております。


時は過ぎ、11月の全国大会がやってきました。

この頃もまだ、何のことやらって感じでしたが、どうやら同学年の1年生の中では一番勝ち進んだようです。

その結果、翌年の同大会で、なんと第1シードでした。結果はベスト8でした。

なんとも輝かしい幼少期でした。

が、このあと、卓球が面白くなくなってくるとは思いもしませんでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト



卓球を始めたきっかけ

現在、愛知県の岡崎市でMikawa Black Pine’sという卓球教室で子供さんから大人の方までを指導しております。

子供たちの指導をしているときに、自分が卓球を始めたきっかけや当時の気持ちをよく振り返ります。

あまり鮮明な記憶ではありませんが、私の卓球を始めたきっかけから幼少期のことを書きます。


卓球を始めたのは小学校1年生の9月1日(月)でした。

家にあったペンホルダーのラケットを持って自転車で10分程度の「京都卓球センター」という

卓球場で卓球を始めました。

練習は「月」「木」「金」「土」の4回から選び、月曜日のみの週1回でスタートしました。

が、しかし、なぜか私は木曜日も勝手に練習に向かい、そのまた次の日も、また次の日も練習に行きました。

気が付くと週4回の練習すべてに参加しておりました。

今考えるととんでもない子供ですね。。


話は少しさかのぼります。

私には5歳年上の兄と4歳年上の姉がいます。

兄が小学校のクラブ活動で卓球を始めました。

そのクラブ活動でとんでもなく強い友達がいたそうです。

それもそのはず、卓球センターの隣に住んでいて、スクールに入っていたからです。

兄は友達に勝てないことが悔しくて自分も通いたいと言ったそうです。

それに次いで、姉も卓球クラブに入り、同じく卓球センターに通うようになりました。

いつも家で遊んでくれていた兄と姉が家に居ない時間ができました。

その時間がすごくさみしくて私も「卓球をやりたい!」と言いました。

卓球を始めたきっかけはただ「さみしかった」だけです。


「卓球をやりたい!」と言っても、親には「あんたはまだ早い!」と言われ続けていました。

なぜ自分はやらせてもらえないのか分かりませんでした。

しかし、私があまりにしつこいので1年生の2学期から始めさせてもらえることになりました。

これが私の卓球人生の始まりです。
プロフィール

Morihiko Kobori

Author:Morihiko Kobori
☆経歴
東山高校卒業
中央大学卒業

☆戦績
インターハイ
 シングルス ベスト16
全日本学生選手権
 シングルス ベスト16
 ダブルス ベスト4
関東学生選手権
 シングルス ベスト4
 ダブルス 優勝
関東学生リーグ戦
 団体 優勝
全日本選手権
 シングルス ベスト16
 ダブルス ベスト16

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR