FC2ブログ

サラブレットに生まれて

さて、これまで「自伝」として自分自身のことを書いてまいりました。

今回は、「自伝」といえば「自伝」ですが、ちょっとだけ方向が違います。


私の両親は卓球をやっており、かなりの実力者でした。

父親は全日本学生で準優勝という選手で結構強かったそうです。

母親にいたっては「全日本3位」で「日本代表」「世界選手権ダブルス3位」「アジア大会ダブルス優勝」という

とんでもなく強い選手だったそうです。

インターハイや全日本学生もダブルスで優勝しており、前回記述した関東学生リーグも

当然のごとく4年生の時に主将を務め優勝に導いているそうです。

そんな両親のサラブレットとして生まれた私ですが、両親から卓球を教わったことは一度もありません。

私自身、教わりたいという気持ちが全くなく、両親ともに教える気持ちはなかったと思います。

そればかりか「卓球やめたら?」「いつまで卓球続けるんや?」といつも言ってくるような親でした。

半分本気で半分冗談だったと思います。半分の本気部分、今なら親の気持ちがわかります。


誰も口にはしませんが、我が家には「我慢」と「努力」こそが美学とする空気がありました。

卓球をやっていたら、結果はともかく苦しいことが山ほどあります。

成功するためには、この山をいくつ越えなければならないのでしょうか。

自分のDNAを受け継ぐ子供であれば、おそらく「我慢」「努力」が度を過ぎるのではないかと思う度に、

自分の子供に同じ道を歩ませたくないと思っていたのではないでしょうか。

もしくは、同じ道を歩ませても良いものなのか判断がつかなかったのかもしれません。


クラブチームに所属していても、指導はクラブに一任しており、全く口出ししませんでした。

それでもやはり気にはなるようで、母親は試合に来たがりましたが「来なくていい!」と突き放していました。

母親はたまに見に来てましたけどね。

父親に関しては、初めて試合に来たのが大学4年の全日本学生選手権でした。


私の卓球人生、大した成績は収められませんでしたが、自分が納得いくところまで自由にやらせてもらいました。

おかげで強くなれました。もし、両親に卓球を教わっていたとしたら、私は弱かったと確信しております。

黙って支援してくれた親の姿を見ていて「好きなことを自由にやる」ことの責任も学びました。

ある意味、両親から全てを教わっていたのかも知れません。


両親はいつでも私自身のライバルでした。

私は尊敬できる両親の子供に生まれて幸せです。長生きして欲しいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Morihiko Kobori

Author:Morihiko Kobori
☆経歴
東山高校卒業
中央大学卒業

☆戦績
インターハイ
 シングルス ベスト16
全日本学生選手権
 シングルス ベスト16
 ダブルス ベスト4
関東学生選手権
 シングルス ベスト4
 ダブルス 優勝
関東学生リーグ戦
 団体 優勝
全日本選手権
 シングルス ベスト16
 ダブルス ベスト16

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR